• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

東京ポーチについて

ハンドメイドのクラッチポーチ。

デザイナーが世界を旅して出会った、いろんな国のファブリック。

旅をしているとに出会う、いろんな国や民族の生活と手仕事のたち。

そんな可愛い布達に出会った時のときめきを、いつでも使えるポーチにしました。

ミャンマー インレー湖で作られている少数民族の織物。スコットランドのタータンチェック。世界に広がっていったインド更紗。アフリカの一枚布カンガ。ポップなUSAコットン。日本各地に残る織元。。ひとつひとつに、国の文化や歴史がつまっています。

ミニマムだけど、グローバル。

ひとつひとつ、物語のあるポーチです。

サイズは全部、23cm×17cm。
裏地はリネン。表地だけいろんな布。
ファスナーには、猫店長・キジトラみーちゃんのチャームがついています。


● つかいかた

シンプルなポーチにストラップがついて、いろんな用途に使えます。

1 インバックに
財布・鍵・スマホを入れて、インバックに。(パンパンの長財布は入りません)大きなバッグに入れた時はストラップを使って取り出して、次の日はそのまま別なバッグにいれて。帰宅して家に戻った時も、あれ?鍵どこに置いたっけ?となりません。

2 ちょっとお出かけバックに
3種の神器(財布・鍵・スマホ)を入れたままにすれば、そのまま持ってコンビ二に。OLさんのランチタイムにも、ポーチだけもって。

3 旅行に
旅行の時も大活躍。パスポートを入れて、そのままセフティボックスに。
おサイフとホテルのキーを入れて、肩にかけてホテル内の食事や移動に。
スーツケースのなかの整理にも。バックパック旅行でも、軽いので荷物になりません。

4 大切なものや化粧品などをいれて
母子手帳や、通帳など。化粧品やカメラ小物の整理などにも。

5 サブバックに
ストラップをリュックやベビーカーにかけて使えば、小物などが取り出しやすくなります。

● Tokyo Pouchができた理由

お気に入りの3つのポーチ。数寄屋袋、ハワイアンキルト、トリオバック。

数寄屋袋の軽さとサイズ感、ハワイアンキルトの手作り民芸の暖かさ、トリオバックの機能性とモード感。毎日使うポーチに、3つをあわせたような、ときめきつつも機能的で軽いポーチがほしい。でも、捜してもなかなかない。

そして、自分で作ってみて、、生地にはまりました。それからは、いろんな国を旅しながら”たまたま” 出会った布でポーチをつくっています。

数寄屋袋
お茶席用の小物をまとめて入れる袋。茶道教室に通うときに、袱紗や扇子のほかに最低限の小物を入れて、クラッチのように使っていました。このサイズは完成系!?

ハワイアンキルトのポーチ
毎年買い替えていたのが、 ハワイアンキルトポーチを買ってからはずっと愛用。15年以上つかっています。工業製品と違う、ハンドメイドの温もりが。

セリーヌのトリオバッグ
ファッショニスタの先輩にゆずってもらった、人気の3段ショルダーバッグ。3つが取り外し可能で、クラッチにも。ブランドの機能美。

Tokyo Pouch